ノンフライ麺のカップラーメンを紹介します

ノンフライカップ麺

ニュータッチ

ニュータッチ「凄麺 魚介豚骨の逸品」の感想※2019年10月7日発売

更新日:

ニュータッチ「凄麺 魚介豚骨の逸品」を買ってきました。

2019年10月7日発売の新商品です。

購入場所は、デイリーヤマザキです。

値段は、税込みで236円でした。

着丼

かなり濃厚な豚骨醤油色です。

見た目だけだと、家系です。

しかし、匂いは、魚介です。

具体的には、煮干しや鰹節の匂いです。

かなり匂いは強いですが、臭い感じではないですね。

それでは、食べていきましょう。

食べる

それでは、すすらせていただきます。

美味い!

旨み成分が凄い!

豚骨の旨みもあるでしょうが、ほとんどが、魚介です。

匂い通り、煮干しと鰹節を感じます。

あとは、甘みも強いです。

塩分も多いと思いますが、旨み→甘み→塩分の順に感じます。

全体としては、豚骨でクリーミーになった濃厚魚介醤油スープという感じです。

臭みは、煮干しの荒い感じが若干あるだけで、ほとんどないです。

麺は、極太で、コシが強いです。

家系ラーメンのような麺です。

しかし、これでも太さが足りないくらいスープが濃厚です。

正直、家系よりも濃厚なスープです。

かやく

メンマは、一つ一つが大きくて、美味しかったです。

大部分がシャキシャキしていて、端だけ、コリコリしていました。

個人的に、理想的なメンマです。

味も、良かったです。

ねぎは、まあ普通ですね。

食感も味も、そこまでよくなかったですが、酷くもなかったです。

まあ、実際に食べている時は、ほとんど食べないし気づかないので、これで良いと思います。

のり

のりは、磯の香りがして、普通に美味しかったです。

しかし、ちょっと甘みが強いです。

たぶん、味付けのりだと思うので、しょうがないのですが、もっと味がない方が良いです。

甘さが、スープの甘さと同じ方向性で、そこがいまいちでした。

チャーシュー

チャーシューは、プリプリ系で、普通に美味しかったです。

噛んでいると、肉の旨みが出てきます。

しかし、それよりも、魚介の旨みの方が、圧倒しています。

なので、肉の旨みを感じても、「ふ~ん」という感じで、テンションが上がらなかったです。

商品情報

魚介豚骨の逸品|ヤマダイ公式通販サイト

希望小売価格:220円(税抜き)
発売日:2019年10月7日
主な販売場所:スーパー、デイリーヤマザキ

●楽天

内容物

麺の量:65g
かやく:味付豚肉、メンマ、焼のり、ねぎ

中には、4種類の袋が入っていました。

のりは、“焼のり”でした。

「味付のり」とか言った人は誰ですか?

でも、本当に甘かったです。

一番左は、液体スープです。

その右は、後入れの粉末スープです。

一番右は、かやくです。

麺の上に、かやくを開けると、こんな感じです。

“ねぎ”が、多いですね。

“メンマ”は、非常に少ないです。

“味付豚肉”も、この袋に入ってました。

これは、真ん中に、液体スープを入れた直後です。

粘性は、そこまで高くなく、底に沈んで、周りに広がって行きました。

かき混ぜると、こんな感じです。

かなり濃厚な豚骨醤油スープです。

特に醤油が強くて、尖った醤油の匂いがしました。

粉末スープは、かなりたっぷりで、魚介の匂いが凄かったです。

ここに、旨み成分が詰まっていると思われます。

あと、スープにとろみがあったので、何かそのような成分も入っているかもしれません。

これをかき混ぜると、あのスープになります。

このスープには、“ポークエキス”、“チキンエキス”、“動物油脂”、“しょうゆ”、“鰹節エキス”、“ニンニクペースト”、“イワシ煮干”、“鰹節”、“さば節”、“ムロ節”、“宗田鰹節”、“おからパウダー”などが、入っていました。

動物系は、“ポークエキス”、“チキンエキス”、“動物油脂”です。

豚だけでなく、鶏も入ってましたね。

“しょうゆ”も、もちろん入っています。

“鰹節エキス”も、液体の方に、入っていたようです。

隠し味として、“ニンニクペースト”が入っていたそうです。

ここまでは、液体の方で、あとは、粉末スープだと思われます。

“魚介粉末”として、“イワシ煮干”、“鰹節”、“さば節”、“ムロ節”、“宗田鰹節”が入っていました。

色んな“節”が入っていますね。

これらの違いは、下記のサイトが参考になります。

かつお節の仲間 - かつお節を知る・楽しむ - かつお節・だしのメーカー 柳屋本店

“おからパウダー”は、とろみ付けに、よく使われる粉末です。

ちなみに、この商品について、公式サイトでは、このように説明されています。

王道的な味わいの魚介豚骨醤油ラーメン

5種の魚粉を使用した濃厚なスープ

もちもちとした食感の極太麺がスープによく絡みます

引用元:魚介豚骨の逸品|ヤマダイ公式通販サイト

“王道的な味わい”かどうかは、よく分からないですが、臭みは、ほとんどなかったです。

“5種の魚粉”は、かなりバランス良かったです。

ただし、魚粉全体の量としては、少し入れ過ぎだったかもしれません。

確かに“もちもち”した“極太麺”でした。

成分表

カロリー 塩分
麺・かやく - 2.0g
スープ - 6.4g
合計 385kcal 8.4g

アレルギー

アレルギー物質:卵、乳成分、小麦、さば、大豆、鶏肉、豚肉

※本製品の魚介粉末に使用しているイワシは、えび、かにを食べています。
※本品製造工場では、そばを含む製品を製造しています。

やっぱりお店で食べたい!

その気持ち、分かります。しかし、このコロナ渦で、お店に食べに行くのは、気が引けます。特に、ラーメン屋は、密になり易いです。そこで、「宅麺.com」を提案します。このサイトでは、お店のラーメンを、冷凍の状態で、郵送してくれます。自粛期間中でも、自宅で、有名店のラーメンを食べる事ができます。

総評

「魚介醤油豚骨」という感じでした。

“濃厚醤油味”とあるように、豚骨と醤油だと、醤油の方が強いです。

豚骨は、全体をクリーミーにしている感じで、そんなに主張は強くないです。

醤油は、魚介の強さに負けないように、強くされている感じです。

主軸は、やはり魚介です。

味や旨み成分自体は、非常に美味しかったです。

しかし、あの魚介粉末の量が、多過ぎたようにも感じました。

ぶっちゃけ、あんなに旨み成分が入っていたら、どうやっても美味しく感じてしまいます。

魚介粉末の中での各種のバランスは良いですが、スープ全体で見ると、少し悪かったように思いました。

でも、普通に美味しいので、見かけたら買ってみた方が良いですよ。

こういう商品自体、非常に珍しいので。

美味しさ:★★★★☆

食後の一杯に

アイスコーヒーは、コンビニが美味しいです。しかし、ホットは濃厚すぎて、私は苦手です。そこで、カプセル型コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェグスト」です。20種類以上のカプセルがあり、ブラックの種類も、豊富です。甘い種類は、缶コーヒーに比べて、甘さ控え目で、飲み易いです。しかも、このマシンを、無料レンタルできます。

-ニュータッチ
-, ,

Copyright© ノンフライカップ麺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.