本格

マルちゃん「大島×田中商店 辛味噌豚骨」の感想

更新日:

マルちゃん「大島×田中商店 辛味噌豚骨」を買ってきました。

2019年10月21日発売の新商品です。

購入場所は、ローソンです。

値段は、税込みで288円でした。

大島×田中商店とは?

今回の商品は、「大島」という味噌ラーメン店と「田中商店」という豚骨ラーメン店のコラボ商品です。

その経緯は、このようになっています。

講談社発行「業界最高権威 ※TRY ラーメン大賞」20周年を記念して、「業界最高権威 ※TRY ラーメン大賞2014-2019」において「名店部門 みそ」で1位・5連覇を達成した「大島」と、同じく「業界最高権威 ※TRY ラーメン大賞2003-2004」において「名店部門 とんこつ」で1位を獲得した「田中商店」とタイアップした商品です。全国に名を馳せる名店達とタッグを組み、カップ麺でしか食べられない限定の味を開発致しました。

※ TRY とは...「Tokyo Ramen of the Year」の略。ラーメン界で著名な6名の審査員によって決定される、ラーメン業界最高権威の特集。

引用元:「大島×田中商店 辛味噌豚骨」 新発売のお知らせ | ニュースリリース | 企業情報 | 東洋水産株式会社

“TRY”って、よく目にしますよね。

いつもは、油揚げめんのような気がしますが、今回はノンフライ麺ですね。

まあ、20周年ですからね。

それぞれのお店の特徴を紹介します。

まずは、「大島」です。

北海道札幌市の有名店で 12 年の修行を経て、2013 年 5 月に東京都江戸川区にオープン。にんにくや生姜などを利かせた、味噌の風味が強め進化系札幌味噌ラーメンが同店人気の一杯で、連日行列を作る東京を代表する有名店です。
引用元:「大島×田中商店 辛味噌豚骨」 新発売のお知らせ | ニュースリリース | 企業情報 | 東洋水産株式会社

味噌ラーメンで、“にんにくや生姜”が利いているのは、珍しいですね。

食べログ:大島 - 船堀/ラーメン [食べログ]

次は、「田中商店」です。

2000年12月に東京都足立区にオープン。久留米ラーメンの手法である、毎日継ぎ足して作る「呼び戻し」を用いた濃厚豚骨スープは、濃いだけでなくコクとキレのある味わいが特長です。
引用元:「大島×田中商店 辛味噌豚骨」 新発売のお知らせ | ニュースリリース | 企業情報 | 東洋水産株式会社

毎日継ぎ足すタイプのスープは、「呼び戻し」って言うんですね。

秘伝っぽくて、美味しそうですね。

公式サイト:田中商店 博多長浜 東京都足立区 豚骨ラーメン 田中そば店 | 博多長浜ラーメン田中商店 | Taipei City

食べログ:田中商店 本店 (たなかしょうてん) - 六町/ラーメン [食べログ]

この二つのお店がコラボしたら、それはとんでもない物を作ってくるでしょう。

着丼

見た感じ、辛味噌って感じですね。

匂いも、そんな感じです。

あまり、豚骨の臭いはないです。

あと、具材が寂しいですね。

ほとんど乾燥したネギですね。

それでは、食べていきましょう。

食べる

それでは、すすらせていただきます。

美味い!

生姜の風味が強い!

ここまで生姜が強いカップ麺は食べた事がないです。

しかも、味噌ラーメンで。

次に、舌がピリピリしている事に気づきます。

これは、山椒ですね。

その風味もします。

そして、舌の横や下が痛い事に気づきます。

これは、唐辛子です。

ヒリヒリします。

なんと、にんにくが一番弱いです。

スープの味は、「まろやかな味噌豚骨」という感じです。

味噌スープを、豚骨スープで割った感じです。

濃厚ですが、尖りが無いです。

その分、先ほどのスパイスで、パンチを利かせています。

麺は、正麺の麺と、ほぼ同じです。

もっちり感が強い安定の麺です。

かやく

肉そぼろは、スパイシーで塩分高めの安定の味でした。

普通に美味しいです。

ねぎは、シャキシャキして、意外と食感が良かったです。

メンマが、非常に美味しかったです。

かなりコリコリ系で、歯ごたえが凄かったです。

しかし、噛み切れない程ではないです。

この食感は、なかなか無いので、良い体験ができました。

味も、もちろん美味しかったですよ。

商品情報

大島×田中商店 辛味噌豚骨 | 商品情報 - 東洋水産株式会社

希望小売価格:270円(税抜き)
発売日:2019年10月21日
主な販売場所:ローソン、スーパー

●楽天

内容物

麺の量:65g
かやく:味付挽肉、ねぎ、メンマ

中には、3つの袋が入っていました。

真ん中は、後入れの粉末スープです。

一番左は、液体スープです。

一番右は、かやくです。

かやくを、麺の上に開けると、こんな感じです。

やたら、肉が多いですね。

麺を持ち上げると、強制的に、これが紛れ込んでいて、良い刺激になります。

これは、粉末スープを入れた直後です。

スパイシーな香りがしました。

かき混ぜると、こんな感じです。

若干、豚骨の臭いがしました。

しかし、そこまで臭くはないです。

これは、液体スープを入れた直後です。

真っ赤ですね。

味噌は、底に沈んでしまいました。

これが辛味噌という事ですね。

これをかき混ぜると、あのスープになります。

このスープには、“みそ”、“発酵調味料”、“しょうゆ”、“ポークエキス”、“豚脂”、“香味油脂”、“香辛料”などが、入っています。

味噌の要素は、“みそ”、“発酵調味料”です。

“発酵調味料”が、辛味噌なのかもしれません。

隠し味なのか、“しょうゆ”も入っていました。

豚の要素は、“ポークエキス”、“豚脂”です。

“香味油脂”は、豚骨の香味なのかもしれません。

スパイスに関しては、“香辛料”として、まとめられています。

ちなみに、公式サイトには、この商品について、このように説明されています。

味噌とポークの旨味をベースに、生姜や山椒、唐辛子を利かせた濃厚な味噌豚骨味のスープ。
引用元:「大島×田中商店 辛味噌豚骨」 新発売のお知らせ | ニュースリリース | 企業情報 | 東洋水産株式会社

確かに、“味噌とポークの旨味”は凄かったです。

めちゃくちゃまろやかで、「旨みスープ」という感じでした。

“生姜や山椒、唐辛子”という事で、やはり、にんにくが一番弱かったのは、間違いではなかったようです。

また、この順番も、私が食べた時に感じた順番と同じです。

成分表

カロリー 塩分
麺・かやく 289kcal 2.2g
スープ 158kcal 5.4g
合計 447kcal 7.6g

アレルギー

アレルギー物質:小麦、卵、乳成分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

やっぱりお店で食べたい!

その気持ち、分かります。しかし、お店に食べに行くのは面倒臭いです。人気店は並ぶのが当たり前です。「食べたら出てけ!」の暗黙のルールもあります。そこで、「宅麺.com」を提案します。このサイトでは、お店のラーメンを、冷凍の状態で、郵送してくれます。わざわざ並ばなくても、自宅で、有名店のラーメンを食べる事ができます。

総評

味噌と豚骨という珍しいコラボでした。

両方のスープをしっかりと感じる事ができて、かなり美味しかったです。

さすが、「TRY」で一位を取っただけの事はあります。

味噌スープに豚骨スープを入れると、マイルドになってしまって、パンチが無くなってしまいます。

そこを、生姜や山椒、唐辛子などで、上手くカバーできていると思います。

麺も、正麺の麺とほぼ同じなので、非常に食べ易かったです。

たぶん、長い期間、販売される物ではないと思うので、早めに買っておいた方が良いと思います。

美味しさ:★★★★★

-本格
-, , , , ,

Copyright© ノンフライカップ麺 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.